代表者挨拶

足場業経営における随一のビジネスパートナーへ。
夢。自信と希望、そして進歩成長する会社へ。

建設業界の中においてくさび緊結式足場資材を利用した足場工事業の事業経営者の皆さまの事業の発展・成長をご支援するべく成田屋株式会社を運営しております。

日本に初めてくさび緊結式足場が導入されたのが1979年。当時株式会社大三機工商会(現:株式会社ダイサン)が部材毎を全てユニット化し、足場職人がハンマー1本のみで組み立て出来る画期的な足場資材として開発・製造してきました。それから30数余年が経ち、くさび緊結式足場は4規格へと形を変える中、現在はくさび緊結式足場といえば信和株式会社のキャッチャーAタイプと呼ばれる商品規格が日本のシェア70%を占めるほどにくさび緊結式足場市場の主流となっております。

当社はくさび緊結式足場を利用している事業経営者のビジネスパートナーとして、くさび緊結式足場資材の販売・資材レンタル・資材リース・施工レンタル(工事)、そして業務ソフトウェアサービス、さらに経営支援など含めて首都圏・関東・東北・北海道の東日本エリア、そして中四国・九州の西日本エリアにて営業展開しております。

まだ総務省の日本標準産業分類の業種コードにも指定されていないくさび足場施工レンタル工事業ですが、業界内の若い職人らの間では「個人事業ではなく企業経営者(社長)になれる仕事!」「夢を叶えられる仕事!」「建設業界の中でも、社会貢献度・地域貢献度がもっとも高い仕事!」「自分自身、自立出来る仕事!」として注目を浴びている業種です。まだまだ世に対しての認知度が低い業種ではありますが、日本の良き古き時代の職人気質を持った精鋭達皆様が成田屋のお客様であり、最高のビジネスパートナーであり、人生のパートナーです。

これからもこの気質を持った仲間たちと一緒に足場業界の次の時代を担い、安全に、そして建設業界における最高の地域貢献・社会貢献を繰り広げて参ります。

成田 敦